UltraHD Bru-layが見れる自作PCを作ろう。対応マザーボード等

HTPC

4KかつHDRという超高画質のUltraHD Bru-lay(UHD-BD)。

シアーターPC(HTPC)を組むならUHD-BDも見たいですよね。

今回はUHD-BDをPCで見るための条件やオススメの構成をまとめました。

目次

専用プレーヤーを買ったほうが簡単で安い

先に言ってしまうと、専用プレーヤーの方がオススメです。

UHD-BDを見れるPCを作るには制約が多く、それらを達成しようとするとどうしてもコストが掛かるうえ、構成もいびつになってしまうからです。

UHD-BDを見るための条件

UHD-BDを見るための要求性能は著作権保護も相まってかなり特殊です。

Intel製 第7世代Core i5以上もしくは第8世代以降のCore i5以上

UHD-BDは著作権保護の為に暗号化されています。

PCでその暗号化されたデータを扱うためにSGXという機能が必要。

SGXを搭載しているのが、第7世代以降のCore i5以上、第8・9世代のCoreシリーズになります。

なのでAMDはもちろんのこと、少し古いCPUやシアターPCで選ばれやすい低価格帯のCPUは使用できません。

CPU内蔵グラフィックでのみ使用可能

これが一番厄介な条件です。

著作権保護の観点から、グラフィックボードから出力しているとUHD-BDを再生できません。

なのでCPU内蔵のグラフィック機能を使用してマザーボードから出力する必要があります。

マザーボード側もSGXに対応している必要がある

CPUに搭載されるSGXの機能はマザーボード側も対応している必要があります。

仕様表に特に記載されてないうえに、マザーボードによって意図的にOFFになっていたりするので、事前にメーカーに問い合わせた方が良いでしょう。

HDCP2.2対応の映像出力が必要

上記の条件からマザーボードの映像出力を使用するのですが、その出力もHDCP2.2という著作権保護機能に対応した出力でないといけません。

HDCPに対応しているかはマザーボードの仕様の映像出力の項目に「HDMI(HDCPxx対応)」という風に記載されています。

HDMI2.0aもしくはDisplayport1.4以上

UHD-BDの映像をフルで楽しむためには4K+HDRが出力可能な映像出力が必要です。

HDMI2.0aもしくはDisplayport1.4(HDR無しなら1.3でも可)を搭載したマザーボードが必要です。

そして、かなり数が少ないです。

HDMI2.0でも再生自体はできると思いますがHDR非対応になります。

モニタ、ケーブル

モニタ側もHDMI2.0やDisplayport1.3以上が必要になります。

接続するケーブルも対応していないといけないことに注意。

パーツ例

UHD-BD対応の自作PCを組む際に使用可能なパーツ例を

CPU

大型のファンを搭載したくない為Core i3程度のTDPが低いCPUを使用したいですね。

最新の第9世代だとi3 9100がオススメです。

間違えても9100Fを買わないように。型番の後ろにFがついてるモデルは映像が出力できず別途グラフィックボードが必要になります。(そしてグラボを使うとそUHD-BDが見れません)

Intel Core i3 9100 実売13,000円前後

ちょっと性能に余裕を持たせたい人は第9世代でも発熱が低いほうのi5を。

こちらもF付を買わないように気を付けましょう。

Intel Core i5 9400 実売18,000円前後

マザーボード

4K HDRまで出力可能な製品限定で選んでいます。

GIGABYTE H370N WIFI Mini-ITX マザーボード [Intel H370チップセット搭載] MB4345
Gigabyte
販売価格 ¥14,115(2018年12月31日20時25分時点の価格)

第8世代Coreシリーズ対応(BIOSが新しければ9世代も)。ITXサイズ。HDMI2.0aを備えているのでテレビへの出力も可能。

それでいて価格も低めというUHD-BD用HTPC向けに作られたとしか思われないモデル。

Displayportは1.2でUHD-BD非対応なので注意。

こちらは第8・9世代Coreシリーズ対応。チップセットがZ390とより上位のものになっている。

こちらもDisplayportは1.2なので非対応。

ドライブ

UHD-BD対応の外付けドライブは種類があるが、野暮ったいので数は少ないが内蔵型を選択したい。

Pioneer製 9.5mm BDR-UD04 ウルトラスリムUltra HD Blu-rayドライブ
Archgon
販売価格 ¥12,000(2019年1月11日19時6分時点の価格)

内蔵スリムドライブはかなり数が少ない。

現状これ一択になるかも。

こちらは通常サイズ。

ケース

Inwin BQ656

スリムドライブ搭載可能なITXケース。

150Wの電源が付属していて見た目も良いですね。

個人的にはホームシアターPCをITXで組むならベストな選択かと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました