PS5の性能を自作PCで再現!価格と性能を検証

自作PC
スポンサーリンク

3月にPS5の仕様が発表されました。

自作PCユーザーでないとわかりにくいその凄さを、実際にゲーミングPCとして仕様を再現して価格や性能を検証しました。

 目次

PS5の仕様

2020年4月時点でのPS5の仕様になります。

PS5 仕様
CPU ZEN2 8コア16スレッド 最大3.5GHz
GPU Radeon RDNA2 演算能力10.3TFLOPS
メモリ GDDR6 16GB
ストレージ GEN4 SSD 850GB
映像出力 4K 120Hz対応

※公式サイトより

PS5の仕様を再現したPCの構成と価格

上のPS5の仕様を自作PCで再現しようとした場合の構成とその価格の表になります。

各パーツのリンクは細かい説明にジャンプします。

PS5仕様再現PC 価格
CPU Ryzen7 3700X 4.3万
GPU RTX2080 8万
メモリ DDR4 8GB×2 16GB 4000MHz 3万
ストレージ GEN4 SSD 1TB 2.5万
マザーボード X570マザーボード 2~3万
電源ユニット 750W GOLD 1万
ケース お好み 05~2万
OS Windows10 1.5万
合計価格 23~25万円程度

その価格は23万円以上!

もちろん、完璧に再現してるわけではないですしPS5の仕様自体も「最大」表記が多く実性能は不明なのであくまで参考程度に。

ただ、10~15万円のゲーミングPCよりははるかに高性能だとは思います。

自作PCに置き換えた場合

GPU

PS5:Radeon RDNA2

PC:RTX2080

GPUはグラフィックの処理を行う部分でゲーム機の性能の要ともいえる。

RadeonというGPU自体はPC向けにも存在しますが、RDNA2というモデルは今のところ発売されていません。(年内には出そうですが

ただこのGPUの処理性能は発表されていて、10.3TFLOPSという数値になっています。

これをPC向けのGPUで近い製品なのがRTX2080というモデル。こちらは10.1TFLOPS。

このことから「RTX2080相当」と言われていますね。

RTX2080の現在の価格は何と7~8万円!(ちなみに終売)

これだけで最新ゲーム機以上の値段になります。

という訳でRTX2080を使用したいところですが、今手元になくて代わりに今回の再現PCではRTX2080SUPERという、RTX2080よりも若干高性能なモデルをパワーダウンさせて使用します。

AORUS RTX2080 SUPER

f:id:yaruoFPS:20200407232547j:plain

CPU

PS5:ZEN2 8コア16スレッド 最大3.5GHz

PC:Ryzen7 3700X

CPUはグラフィック以外の処理を行う部分です。

PS5ではZEN2というCPUが使用されています。

8コア16スレッドとは1個のCPUの中にCPU8個分が入っていて最大16の仕事をできるといったイメージです。

ZEN2というCPUはPCにも存在して、8コア16スレッドならRyzen7 3700Xというモデルが近いですね。

ただこちらは最大4.4GHzで処理性能がPS5の物よりも高いです。

PS5のCPUがこの3700Xをカスタムしたものなのか、まったく別の新規の物なのかは不明ですが、近いモデルという事で今回の再現PCでは3700Xを使用します。

AMD Ryzen7 3700X

f:id:yaruoFPS:20200407232313j:plain

Ryzen7 3700Xの価格は4.3万円!

これだけでもPS4 Proが買えてしまいますね・・・

メモリ

PS5:GDDR6 16GB

PC:GDDR6 8GB+DDR4 16GB

メモリは一時的にデータを保存する場所でCPUやGPUはメモリに入ったデータを処理します。高速なほどCPUやGPUの処理速度も上がります。

PS5はCPUとGPUで16GBの容量のGDDR6という規格のメモリを共有すると思われます。

GDDR6は現行のPCで使用するメモリとしては最速です。

PCではRTX2080のような最新GPUではGDDR6が使用されていますが、CPU用はDDR4というGDDR6よりも低速なメモリが使用されます。

CPU用のGDDR6は存在もしません。

この部分に関しては今のところPCでは再現が難しいです。

なので、今回の再現PCにはDDR4の中でも高速なオーバークロックメモリを用意しました。

GALAX HOF OC Lab Master DDR4-4000

f:id:yaruoFPS:20200407232802j:plain

こちらを4000MHz(ZEN2で使用するメモリの定格は3200MHz)という高速動作で使用します。

価格は参考程度ですが3万円ほどします。(2万円程度のでも同じ速度出ます)

ここまでしてもGDDR6の速度には及びませんけどね。

ストレージ

PS5:GEN4 SSD 850GB

PC:GEN4 SSD 1TB

ゲームや動画などのデータを保存するパーツ

容量が多いほど多くのゲームを保存でき、速度が速いほどロード時間が短くなります。

PS5ではGEN4接続という最新のSSDを搭載しています。

HDDだったPS4では1GBの読み込みに20秒を擁していましたが、PS5では1秒間に5.5GB読み込めるそうです。

PCにもGEN4接続のSSDがありますが、そちらは最高で1秒間に5GB。

PS5は独自の技術でさらに高速化してるらしいです。

まあ近い性能ってことでGEN4SSDを使うとして、850GBは存在せず1TB(1000GB)が近いですね。

CORSAIR M.2 SSD Force MP600シリーズ 1TB

f:id:yaruoFPS:20200407232934j:plain

大体2.5万円くらいになります。

今回の再現PCではゲーム性能の検証だけなので用意していません。(お財布的な事情もあります)

普通のSATA接続のSSDを使います。

マザーボード

上記のパーツの載せるベース基板

CPUの3700XとGEN4 SSDが使用可能なモデルだと安くて2万円程度ですね。

例:AORUS X570 ELITE

f:id:yaruoFPS:20200407233509j:plain

今回の再現PCではGEN4 SSDを使わないのと3700Xもパワーを制限して使うので適当な1万円程度のマザーボードを使用しています。

ASUS B450 TUF Plusgaming

f:id:yaruoFPS:20200408001031j:plain

電源ユニット

コンセントからの電気を各パーツに対応した電圧に変換するパーツ。

今回のパーツ構成だと750Wくらいは欲しいので、750Wモデルの定番モデル。

Antec NE750 GOLD

f:id:yaruoFPS:20200408001229j:plain

1万円くらいです。

ケース

パーツが収まれば特になんでもいいです

これだけのパーツ使うなら1万円くらいのを使いたいところです。

再現PCでみるPS5のゲーム性能

f:id:yaruoFPS:20200408193516j:plain

上で紹介した構成(一部異なりますが)のゲーミングPCがこちら

f:id:yaruoFPS:20200408190959j:plain

CPUクロックはBIOSにて3.5GHzに固定。

GPUクロックもRTX2080と同等に落としています。

メモリは4000MHz。

これで実質PS5ゲーミングPC(嘘

このPCでゲーム性能を見ていきます。

FF15 フルHD

PS4版のあるFF15が比較対象としてわかりやすいかなと思います。

PS4版はPS4Proを使用してもFHDで軽量品質60fps安定しませんでした。

www.youtube.com

ちなみにPS4だと30fps程度でした。

今回組んだPS5もどきPCだとフルHD軽量品質で非常に安定して120fps以上出ます。

f:id:yaruoFPS:20200408190710j:plain

激しい戦闘シーンでも最低120fpsというレベルなのでフレームレートだけみるとPS4Proの倍以上の性能になりますね。

f:id:yaruoFPS:20200408190659j:plain

FF15 4K

4K品質だとPS4Proでは30fpsも安定しませんでした。

PS5もどきPCなら60fps安定です。

f:id:yaruoFPS:20200408190646j:plain

PS5はPS4Proの2倍以上の性能?

FHD,4KともにPS4Proの倍のフレームレートを出しています。

PS5もどきPCで言えばPS4Proの2倍以上の性能はありそうですね。

4K120fpsは無理そう

FF15の軽量モードでも4Kだとよくて85fps程度。

PS5の目標値として4K120fpsが挙げられてますが、中々に厳しい感じがします。

最適化等で達成できるのでしょうかね??

PS5のコスパは凄まじそう

PS5の価格は今のところ不明ですが、ゲーム機である以上高くても7万円程度だと思います。

20万円オーバーなゲーミングPCと(ゲーム限定なら)同等の性能と考えると非常に破格。

もちろんPCにはゲーム以外の使い道があるので単純な比較は難しいですが、ゲーマー的にはPCを買うのが馬鹿らしくなるかもしれませんね。

PS5発売後にゲーム用PCを選ぶメリット

確かにPS5の「コスパ」は良いのですが、発売前の現時点でゲーミングPCのハイエンドにはスペックで劣ります。

究極を求めればやはりPCという事になります。

また、PS5の映像出力が120fpsまでとなっており240Hzモニターや360Hzモニターまで選べるPCの方が高fpsを求めるFPSゲーマーには最適です。

自作PC
シェアする
fpsojisanをフォローする
スポンサーリンク
あさくひろくPCゲーミング

コメント

タイトルとURLをコピーしました