ASUS B550M TUF GAMING B550M-PLUS レビュー 多機能で高耐久で初心者にもオススメなB550マザー

自作PC
スポンサーリンク

ASUS製の無難な感じのB550マザーを購入したので、Ryzen 3700Xでの使用感も含めてレビュー

ちなみにATX版との違いはあまりないです。

目次

仕様

フォームファクタ MicroATX
ソケット AM4
チップセット B550
VRM 8+2フェーズ
メモリスロット 4スロット 通常3200MHz OC時4133MHz対応
PCIeスロット 1段目 PCIe3.0 x1
2段目 PCIe4.0 x16(x16モード) スチール強化スロット
4段目 PCIe3.0 x16(x4モード)
M.2スロット Gen4 最大2280 ×1
Gen3 最大2280 ×1(ヒートシンク付)
SATAポート ×4
ボード上USBヘッダー 2.0×4(ヘッダー数2)
3.2 Gen1(Type-A)×2(ヘッダー数1)
背面USBポート 3.2 Gen1×4 3.2 Gen2×2(TypeA×1 TypeC×1)
3.2 Gen2×2(TypeA×1 TypeC×1)
2.0×2
LAN Realtek RTL8125B 2.5Gb Ethernet
TUF LANGuard
無線機能 無線機能付きのモデルあり
オーディオ Realtek ALC S1200A 7.1 Surround Sound High Definition Audio CODEC
RGB 12V 4pin×2
アドレサブルRGB GEN2 5V 3pin×1
その他独自機能 USB BIOS FlashBack
Q-CODE(状態表示LED)

外観と付属品

外箱

マザー全体

マザー裏

裏側にも模様が入っています。最初シミかと思ったのは内緒。

付属品は以下の通り

付属品
SATAケーブル×2
I/Oパネル
マニュアル
M.2用ネジ×2
TUFステッカー(シール)
なんか書かれた紙2枚

マニュアルは殆ど日本語化されています。

SATAケーブルは両側ストレート、片側L字片側ストレートの2本。

ボード上各部外観

電源回り

8+2のフェーズ数を持つ電源回路。

中型のヒートシンクがつけられています。

メモリスロット

メモリスロットは片ラッチ。デュアルチャネルのペア同士で色分けされています。

拡張スロット

x1とx16が2本。

グラボ用のx16が2段目なので大型空冷使用時も安心です。

x16の上段はスチールで強化されています。

M.2スロット

最大2280サイズのm.2スロットが2本。

上側はCPU直結のGen4でヒートシンクは無し。

下側はヒートシンク付でチップセット接続のGen3です。

SATAポート

右下縦向きの4ポート。

できれば右側に横向きのポートも欲しかったなと思います。

ボード上ライティング

ステンバイ状態(電源ユニットのスイッチが入った状態)でマザーの右下が光ります。

シャットダウンしても光りますが、BIOSで消すことも可能です。

背面I/O

映像出力:DP1.2 HDMI2.1

USB3.2 Gen1×4

USB3.2Gen2×2(TypeAが1とTypeCが1)

USB2.0×2

PS/2×1

オーディオ:7.1ch

LAN:2.5Gb

USB-Aが7ポート+USB-Cが1ポートと十分な量。

映像出力にHDMI2.1があり、内蔵グラフィックを使用する場合にも4K60Hzの出力が可能です。

マイクロスイッチはUSB BIOS FlashBack用です。

各機能

Q-LED

マザー右上にある起動時の異常を表すLED。

オレンジはメモリの異常、赤はCPU異常、白はグラボやモニターの異常、緑はPCは起動していますがOSが起動していない状態です。

マニュアルにも細かい説明がないのですが、オレンジのメモリの異常はCPUのメモコンが死んだときも点灯するので、完璧に分かるわけではないです。

白の店頭は、モニターが繋がっていない場合にも光ります。

USB BIOS FlashBack

CPUもメモリもなくてもUSBメモリと電源ユニットだけでBIOSを更新できる機能。

もしBIOSを破損させて起動できなくなった場合や、古いBIOSが対応していないCPUを買ってしまった場合にもUSBメモリだけでBIOSを最新のものにできるので非常に便利。

背面のUSBポートにBIOSデータの入ったUSBメモリをさしてスイッチを押すだけでBIOS更新できます。

LAN

RealteknのRTL8125B 2.5Gb Ethernetを採用しています。

最近はIntel LANよりも評価されてたりします。

TUF LANGuardで雷などからマザーボードを守れるらしい?

オーディオ

Realtek S1200Aの7.1chオーディオを搭載しています。

ASUSの上位に搭載されているSupremeFXではないのでちょっと良いくらいの品質かと思います。

自分は違いは判りませんでしたが。

ライティング

3pin 5VのアドレサブルRGB が1系統。

5pin 12VのRGBヘッダーが2系統。

欲を言えば主流になってるアドレサブルが2系統欲しかったです。

アドレサブルRGBはGen2 RGBヘッダーとなっていて、これまでのアドレサブルRGBに加えて、Gen2に対応する機器のをつなげば自動で光り方を調整してくれます。

Armoury Crateが便利

Windowsの初回起動時か初めてネットにつないだ時にArmoury Crateをインストールするかのポップが出てきます。

Armoury Crateを使えば、ネットから最新のドライバーを探してきてくれるので、わざわざメーカーHPでダウンロードしてインストールという手間が省けるので、個人的にはオススメです。

インストール後は自動起動もしてきませんので、初回のドライバインストールだけで使うのもヨシ。

負荷時の電源回り温度

3700Xとそのリテールクーラーを使用してCinebenchを回してみました。

10回連続で回してみても、センサー読みで50℃以内に収まっています。

手でヒートシンクを触ると温かい程度です。

以前B450でやったときは70℃台までいったので、かなり発熱を抑えられていると思います。

メモリ負荷テスト

GALAX HOF Arudino 4000(リンク先は3600)を使用してメモリをOCしてみました。

XMPプロファイルの4000MHz CL19は難なく起動。(自動でCL20になりますが)

 

 

RAMTESTというソフトで300%までテストしてもエラーは出ず。

 

そこから4000MHz CL18でもクリア。

さらにCL16までやってみましたが、これは常用範囲ではウントもスントも

ここで、ZEN2で4000MHzは意味が薄いことを思い出し、3600MHzのCL16で再挑戦。

 

これは問題なくクリアしました。

3600MHzのCL14はやはり常用範囲ではウントモスントモでした。

まあ、悪くはないといったところでしょうか。

余程安物でない3200MHzくらいのOCメモリなら問題なく使えると思います。

 

余談ですが、メモリOCで4000MHzのプロファイルを読み込む際、「インフィニティーファブリックは1800MHzがベストパフォーマンスですよ」的な注意が出てきました。

こういった細かい所の気配りがASUSの良さかなと思います。

気になった点

M.2スロットはGen4はヒートシンクなし

ダメな点というか考え方の問題だと思いますが、

m.2のスロットがCPU直結のGen4とチップセット接続のGen3二つあり、Gen3側にのみヒートシンクがついています。

そのため発熱の大きいGen4接続のSSDを使用する場合、ヒートシンク付を選ぶのを推奨します。

おそらくGen4 SSDはヒートシンク付きのモデルが多いので、最初からつけていないのかなと思います。

I/Oシールドが別

細かいところと思う人もいるかもしれませんが、この価格帯で背面I/Oのシールドが一体型でないのは残念。

利便性というより高級感・満足感に差が出ます。

良かった点

初心者でも安心

Q-LEDとUSB BIOS Flashback、Armoury Crateで初心者が使うにも安心ですね。

また、CPUファン停止時の警告やBIOS画面での電圧危険度の警告等もASUSならではの初心者から中級者までありがたい気配りも〇

必要十分な機能

排他なしのM.2スロットが2本や2系統3本のRGBヘッダー、7.1chオーディオ、2.5GbLAN等通常の使用には申し分ない機能が魅力的だと思います。

自作PC
スポンサーリンク
シェアする
fpsojisanをフォローする
スポンサーリンク
あさくひろくPCゲーミング

コメント

タイトルとURLをコピーしました