パーツの選び方

スポンサーリンク
パーツの選び方

Zen2のメモリが3600MHzが最適な理由,B450マザーボードでの使用とオススメのOCメモリ

Twitterにてzen2ことRyzen3000シリーズとB450マザーおいてメモリクロックが何度も話題になっています。 ZEN2に最適なメモリクロックが3600MHzな理由と、B450マザーボードでの注意点などを簡単にですがまとめて...
グラフィックボード

9100F+GTX1650SUPERで組むOS込み8万未満なゲーミングPCを自作

RX570が暴騰してしまった現在、次なる候補となるGTX1650SUPERを使用してゲーミングPCを組んでみました。 パーツ構成の解説やゲーム性能をまとめています。
パーツの選び方

OCメモリはゲームに効果あるのか?ASUSマザーでXMPのON/OFFのやり方等

OCメモリ、そのまま何も設定しないと定格メモリと同じ速度で動いているのを知らない人が結構います。 今回はOCメモリの正しい?使い方とゲーミングにおけるメモリオーバークロックの効果を説明していきます。
パーツの選び方

競技向け画質のFortniteで144fps出すために必要なCPU・グラボと5万円未満の構成例

色々試して辿り着いたFortniteを144Hzで動かせる5万円未満(OS別)な構成例を紹介します。
パーツの選び方

2020年版 予算別 自作PC,ゲーミングPC構成例4万から30万までオススメ構成11種類

実際に組んでみたのも踏まえて、自作ゲーミングPCのパーツ構成例を並べてみました。 すべてOS(Windows10)は別になっています。
パーツの選び方

2019年版,G5400とRX570で予算4万円ちょい 60fpsで快適に遊べるゲーミングPCを組む

ゲーミングPCを最低予算で組んでみたので、構成や流行りのタイトルでどのくらい遊べるのかまとめてみました。
パーツの選び方

AMD,ソケットAM4用RyzenCPUのマザーボード対応表,ZEN2まで

AMD製のCPUはソケットAM4が長年使われており、対応するCPUが多岐にわたります。 ただ、ソケットが対応していてもマザーボードのチップセットやBIOSも対応していないといけないため、マザーボードを選ぶ際に混乱しやすいです。 てなわけで自分用の意味も含めてAMD製ソケットAM4用RYZENCPU・チップセットの対応表をまとめてみました。
パーツの選び方

Intel Core i5 9400FとRyzen5 3600をゲーミング限定で比較してみる

ZEN2の6コア下位モデルであるRyzen3600と同じ6コア下位モデルのIntel Core i5 9400Fをゲーミング限定という視点で比較してみました。結果は意外にも?
PCケース

Ryzen5 3600とRTX2060で組んだ予算10万コスパゲーミングPCの性能レビューとパーツ紹介

ZEN2最強のコスパを誇るといわれるRyzen5 3600とSUPERが出たことで少し安くなったRTX2060で予算10万(OS別)でゲーミングPCを組んでみました。 使用した各パーツの解説や各ゲームでの性能をレビューします。
パーツの選び方

Ryzen7 3800Xはゲーミング最強か 9700Kや3900Kとベンチマークや実ゲームで比較レビュー

Ryzen 3000シリーズの現在の上位2番手である3800X。 コア数こそ3900Xに劣るもののクロックでは密かに優位という説が。 そんな3800Xこそゲーミングにおいて最強では?と思い購入しました。 いつものようにベンチマーク等での比較やリテールクーラーでの温度等をレビューしていきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました