自作PC

スポンサーリンク
自作PC

Ryzen5 3500とRTX2060 SUPERで組む12万円ゲーミングPC ベンチマーク等まとめ

ZEN2最安のRyzen5 3500を使い、予算をグラボに強めに振ってRTX2060 SUPERと組み合わせてゲーミングPCを組んでみました。 各パーツの解説や実ゲームのfpsをまとめました。
自作PC

ASUS TUF B450M-PLUS GAMINGをレビュー ZEN2 3700Xでの使用感

格安B450マザーであるASUS製のTUF B450マザーを購入して2週間ほど使ってみたのでレビューしました
パーツの選び方

Zen2のメモリが3600MHzが最適な理由,B450マザーボードでの使用とオススメのOCメモリ

Twitterにてzen2ことRyzen3000シリーズとB450マザーおいてメモリクロックが何度も話題になっています。 ZEN2に最適なメモリクロックが3600MHzな理由と、B450マザーボードでの注意点などを簡単にですがまとめて...
グラフィックボード

9100F+GTX1650SUPERで組むOS込み8万未満なゲーミングPCを自作

RX570が暴騰してしまった現在、次なる候補となるGTX1650SUPERを使用してゲーミングPCを組んでみました。 パーツ構成の解説やゲーム性能をまとめています。
グラフィックボード

EASYDIY グラボ縦置きキットをレビュー 3スロットも余裕で縦置き可能

グラフィックボードの縦置きの需要が非常に高まる昨今、縦置き非対応のPCケースでも縦置きできるようにするブラケットも複数発売されています。 その中で比較的安価なEASYDIYの縦置きキットをレビューします。
パーツの選び方

OCメモリはゲームに効果あるのか?ASUSマザーでXMPのON/OFFのやり方等

OCメモリ、そのまま何も設定しないと定格メモリと同じ速度で動いているのを知らない人が結構います。 今回はOCメモリの正しい?使い方とゲーミングにおけるメモリオーバークロックの効果を説明していきます。
パーツの選び方

競技向け画質のFortniteで144fps出すために必要なCPU・グラボと5万円未満の構成例

色々試して辿り着いたFortniteを144Hzで動かせる5万円未満(OS別)な構成例を紹介します。
グラフィックボード

1660Tiよりやや下なGTX1660 SUPERを9100Fや9400Fと組み合わせてレビュー

GTX1660とGTX1660Tiの間にという超狭いスペースにねじ込まれたGTX1660SUPERを、一番組み合わせる人が多そうな9100Fや9400Fでどの程度性能が出るのか試しながらレビューします
PCケース

MicroATX並に小さいATX規格な自作用PCケース CoolerMaster Q500L レビュー

大きいケースが嫌いでMicroATX以下のケースばかり使っていましたが、Cooler MasterよりMicroATX並、というより平均的なMicroATXケースより小さいサイズのATXケースが発売されたので、購入しました。
パーツの選び方

2020年版 予算別 自作PC,ゲーミングPC構成例4万から30万までオススメ構成11種類

実際に組んでみたのも踏まえて、自作ゲーミングPCのパーツ構成例を並べてみました。 すべてOS(Windows10)は別になっています。
タイトルとURLをコピーしました